2012年07月31日

宇宙人キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

むぅ・・・、夏の風物詩「オカルト板のまとめサイト」を読みふけっていたら知らぬまにこんな時間なってたよ・・・。
怖いの苦手なんだけどオカルト好きなんで困ったもんですな^^;
今回紹介するのはオカルトとは関係ないんでご安心をw
宇宙人ポール
ひょんなことから出会ってしまったSFオタク2人組と妙に俗っぽい宇宙人との珍逃走劇の物語。 へっぽこだけどMIBもでてくるよ〜。
とにかくポールの性格がやたらと俗っぽくて品がなくて面白いです。でもこのポールのせいでヒロインの言葉使いがどんどん下品になってくんだよね^^;
逃走劇にありがちな展開だけど、なんとゆうか実にほのぼのとした雰囲気の物語で宇宙人との奇妙な友情と主人公オタク2人組とヒロインの内面的な成長もみられるSF娯楽作品でしたね^^
小ネタもちりばめられてて宇宙人好きには楽しめる作品だと思いますよ♪
posted by りぜ at 00:18| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

泣いた赤鬼

friends もののけ島のナキ

昔話「泣いた赤鬼」をベースに現代向けにアレンジした物語です。
そういえば某カエル軍曹でもギロロをネタに別の意味での「泣いた赤鬼」にパロディがあったっけ・・・。
ベースとなる「泣いた赤鬼」自体シンプルな物語なので構成も子供が観ても楽しめるように間延びしないよう小ネタをはさんだりしてうまくアレンジしてるなと思いました。
特に「阿部サダヲ」さん演じる「ゴーヤ」のもののけ「ゴーヤン」は、どうみてもいい意味でネタ要員でしたw
主役の赤鬼「ナキ」を「おしまい、ダブルピース」な奴だったのが唯一の不安材料だったんだけど、「ぎょええええ〜」とかはなく青鬼「グンジョー」を演じる「山寺宏一」さんと並んでも以外にも遜色なく演じてました。
さすがに昔から語られてるお話だけあって伝えたいテーマがしっかりしていてよくできてるなぁと感心しちゃいましたね。 ファミリー向けの良作ですね^^

ーここからは映画関係なしの戯言ー
この作品を観ておもったんだけど今の子供らって、こういう昔話に触れる機会がどのくらいあるのだろう?
自分らが幼少のころはテレビでは「日本昔話」があったり、幼稚園、保育園などでの紙芝居や家にも数冊、昔話やグリム童話などがあったりとかして、こういったものから多少なりとも道徳心なんかを無意識に学び取ってたような様な気がします。
・・・。
ジブリとかディズニー見せるのもいいけど元々、日本には古来から良き物語が語り継がれてるんだから、たまには目を向けてやってくれよってちっと思ったりしましたね^^;
余談ですが藤田和日郎氏が現在、漫画「月光条例」で昔話をベースに描いてますが作品的には前2作よりも人気は芳しくないってのもベースとなる昔話を知らない世代が多いのも要因の1つかも・・・と思ったりもします(まあ、それ以外にも駆け足すぎる展開とかあるんだけどね)
 

posted by りぜ at 23:22| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

自慢の拳!!

DCIM0023.JPG
スクライド オルタレイション「QUAN」

「スクライド10周年プロジェクト」の後編です。
前篇「TAO」よりもストーリーに大幅なアレンジがされていて、TVシリーズ中盤にあたる「やさぐれカズマ」と「記憶喪失の劉鳳」の部分はかなり圧縮されていたけど、その分後半の展開が濃く描かれてる印象でしたね。
ネタバレ抜きで参考にならない?!変更点としては・・・
・雲慶の出番大幅カット ただし「ときめいて死ね!」はある
・来夏月はあいかわらずキモい・・・。
・ビフくん、まさかの大暴れ
・瓜実、大活躍! 「僕のたまがぁ〜」の社長はあいかわらず
と、これだけでもTVシリーズを観た人にはかなり観たくなる・・・はず?!
特典についてくるライナーノーツに外伝小説として、この「QUAN」の後のお話が載ってるの嬉しいですね。
でも何故か「オオサカ」w

そういえばこれに合わせてバンダイがウェブで「スクライド」のフィギュア―ツを展開してたけど予想通り?、中途半端で止まってるよね・・・。 カズマ第二形態だしておきながら劉鳳の「真・絶影」ないし・・・。
ZEROのほうでヒロイン勢も出して欲しかったのにな〜。
でも1つだけ朗報があった! あの右腕を一分の一でだす企画があるとか?!
また俺は右腕を買うことになるのか?(笑


posted by りぜ at 21:19| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

久しぶりにドラマ

120712_02.jpg

随分前に、ちょっとだけ単行本を買ってた 自らの人生をみることができる「走馬灯株式会社」がドラマ化されたんで、ちょっと観てみたんですが・・・
第一話にこのネタかよ^^; 
たとえるなら「八日目の蝉」の歪んだ愛情の末のバットエンド版って感じ、まあ一応、深夜ドラマだからいいけどさぁ〜
前にも書いたけど「世にも奇妙な物語」や「Y氏の隣人」みたいなのが好きな方にはオススメだよ
これ書いてて自分は「Y氏の隣人」がまた読みたくなってきたぞw 
posted by りぜ at 23:03| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

探偵ミステリー

某まびさんが面白いよと貸してくれた「UN-GO」
見事にツボりましたね〜 ホント面白かったです!
特に6話「あまりにも簡単な暗号」の伏線からの展開が秀逸でした。
「別天王」絡みで海勝と新十郎の「真実」への見解が、もうね・・・。
どっかの見た目は子供のバーローにも言って聞かせたいもんだわ!

そして最終話のEDの新十郎の自分語りを受ける形のような内容の「因果論」劇場版。
TVシリーズのEDのカットに「?」と思うカットがあったんで、ずっともやもやしてたんだけど、そういうことだったのかと納得。
新十郎ってホントに名前の通り「十字架」を背負ってたってことだったのね・・・。

某まびさんには感謝です^^ ぜひとも漫画版も貸してくれぃ!
そういえば某まびさんが「風守」が・・・といってたな・・・。せんせぇ〜あれって本来の役割は・・・ゲフンゲフン。

個人的にEDがスゴイお気に入り♪

posted by りぜ at 23:05| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。