2013年06月30日

ワゴンゲーたち

何気に立ち寄ったゲーム屋のワゴン処分品にお値打ち品が眠ってたんで衝動買いしちまった。
ちなみにケツイは千円、他はワンコイン。
某店に買取持込みすれば儲けがでるほどの安さ^^;(歩兵はゴミ値段ですが)
DCIM0151.JPG

月華の剣士1・2
NEOGEOからの移植だからDCにあった花札モード入ってないのね・・・。
元々、そんなに遊んだことないゲームだけど久しぶりに遊んでみて思ったのは、つまらなくはないんだけど
やっぱり自分には肌に合わないシステムかな〜って
尻痛(ケツイ)〜絆地獄たち〜
プレイするとケツが痛くなる濃厚なBL・STG そんな絆はいらぬ!
ケツイ〜絆地獄たち〜
ケイブシューなんでガチガチな弾幕ゲーかと思いきや意外にも普通に遊べる難易度(といっても難しいけどね)「早回し」「空ロック」などの得点稼ぎシステムがなかなか爽快で遊びやすいですね
THE歩兵〜戦場の犬たち〜
フル○タルジャケット好きな人は遊んでおくといいよ! 演出バカゲー
中身は操作性の悪いFPSで褒めるべきとこはないけど名前入力システムからバカゲーしてます。
ha-to2.JPG
サーイエッサー!名前を入力するであります!

某まびさんの名をいれてみた(人の名前で遊んではいけません!)
ha-to3.JPG
ちなみに自分は・・・
ha-to4.JPG
くっ・・・圧倒的にインパクトでは某まびさんのほうがいいじゃないか!!w

と、こんなくだらん遊びができるのがこのゲーム利点ですかねw
posted by りぜ at 23:10| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TVゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

昔の漫画

久しぶりに読んだら面白すぎて読みふけってしまったよ・・・。
DCIM0141.JPG
魔界都市ハンター 文庫版・全8巻

菊池秀行のデビュー作「魔界都市〈新宿〉」の続編?的な作品です。
正確にいうと小説版との繋がりは設定だけで後に連載した漫画版の続きとして読んだ方がしっくりくるかな?
(持ってたんだけど何故か売ってしまっていたよ( ´Д⊂ )

魔界都市という世界観の設定や個性あふれる登場人物、全く先の読めない展開で連載当時、夢中になって読んでたんですよね〜。
ちなみに好きなキャラは地下鉄サムとドクターモヒカン。 本多さんはカッコ良すぎて^^;
でもこの漫画を知ってる友人は1人しかおらんかった・・・。
しかも最終巻の発売日に本屋に買いに行ったら平積みされておらず、店員も「知らん」と取り合ってくれなかったんだぜ・・・(のちにその本屋は潰れましたがw)

そういえばこの頃は「孔雀王」や「明王伝レイ」にもどっぷりはまってたな〜。
posted by りぜ at 23:30| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

VS蜂

昨日は朝一で運転免許更新に行くも・・・長蛇の列!!おかげで昼までかかったわ・・・。
免許にICチップ仕込んだりとかそんなことする前に未だに改善されないこれをなんとかしろよむかっ(怒り)
話は変わって実は春先から自分の部屋の入口付近に蜂の巣が多発してたんですよ。
まだ春先なら規模も小さいし護衛?の蜂も少ないんで「命を刈り取る形を成した高枝切鋏」で巣ごと粉砕していたんです。
「鉄腕ダッシュ」によれば巣を破壊すれば蜂は離散するとあったので安心していたんですが、先日何気に蜂が多いんで周辺を調べていたら、なんと3箇所にわたって新たな巣が形成されているではないですか!!
倍プッシュかよ!!
蜂のくせに3つに基地を分散させるとはな・・・。
前回の蜂なのかどうかはわからんが巣を破壊するだけでは、どうにもまたリベンジしてきそうなのでここは殲滅することに作戦変更。
hachiabu_magnum_img_001.jpg
これを用いて蜂が活動を休止する夕方〜明朝にかけて作戦開始!
こうかはばつぐんだ!
はじめて使ったんだが通常の殺虫スプレーを大きく上回る高出力&即効性で生命力の強い蜂に瞬間的に致命傷をあたえることができる素晴らしい兵器でした。
欠点は高出力ゆえ約40秒放出で全放出してしまうエネルギーの持続性かな?
だが決戦兵器としては申し分ないかと!!
posted by りぜ at 00:03| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

パリの黄金時代

う〜ん、今月はレンタルに行けてないので映画ネタがない・・・。
そんなわけで少し前に見た中で個人的に印象深い作品の感想を
ミッドナイト・イン・パリ

映画脚本家の主人公ギルは小説執筆に悪戦苦闘中。
そんな中、婚約者イネスと伴にパリを訪れ、パリに住みたいと考えるがイネスは全く同意してくれず小説の執筆も思うようにいかず・・・。
ある日、酒に酔ったまま夜のパリをうろつくと現代に似つかわしくないアンティークカーの男女にパーティーに誘われ同乗したらそこは「1920年台」のパリだった!

人間だれしもが一度は思う「あの時代に生まれていたならば・・・」をテーマにした作品です。
1920年のパリいわゆる「黄金時代」を舞台にしているので後の世に名をはせる有名なアーティストが多数登場します。その当たりのアーティストにちょっと詳しいと( ̄ー+ ̄)ニヤリとできる要素もあったりしますが、別に疎くても特に支障はないかな?って思います。
要は自分が憧れていた歴史上の偉人に実際に出会えたらこんな気持ちになるんだろうな〜的なものを感じられれば作品内容的には充分なんじゃないかな?と

なんとゆうかうまく言えないんですが個人的には色々と考えさせてくれる良作でしたね。
以下 個人的に思ったこと。
過去に憧れるのはいいが自分が今いる時代も遠い未来から見れば黄金時代と呼ばれるかもしれない
過去に帰ることで現代の良い部分が逆に見えてくる
価値観って大事だよね!

時代を憂う現代人にちょっとロマンティックなお説教を!な作品でしたね♪
posted by りぜ at 23:54| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

それはちょっと・・・

ブログ引っ越すかも?と書きましたが容量問題が解決したので、もうしばらくはこちらで継続します。
一応、すでに某ブログにバックアップ的に引っ越し自体はしてあるんだけどね、色々と設定するのがメンドクサイんで^^;

話は変わってあまりの失速ぶりに自分の周りでは見てるのが俺だけになってしまった「失速超速変形ジャイロゼッター」。
「GTR」のシュンスケがやっぱり今まで乗ってた愛車「フェアレディZ」がいい!(今更すぎだろ・・・)ってことで新型ジャイロゼッター「フェアレディZ」が登場する話だったんですが・・・
DCIM0146.JPG
?!
86(ハチロク)で豆腐店・・・。あの「銀魂」の高松監督が絡んでるからこういうネタ自体は別にいいんだけど、まさか「ジャイロゼッター」でやらかすとは思わなかった。(スポンサー五月蠅そうじゃん?!)
残りの機体もパワーアップ、乗り換えあるのかな?
ま、玩具がゼツボー的にダメすぎなうえにシリーズ展開打ち切られちゃったから、カッコいいのがでても今後も立体物は望めそうもないけどね^^;
posted by りぜ at 22:51| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。